便利な筆箱

ECCジュニアの便利機能を兼ね備えた筆箱に驚いた!小学生でも機能重視?

◆便利な筆箱(MENU)

◆小学生の娘がメゾピアノの筆箱から素朴な筆箱へ

 筆箱は何よりもかわいいデザイン。特に小学生の低学年のうちはキャラクターものが好きだろう。

 なんて勝手に思っていたが、最近の子供はデザイン以上に機能性を重視する子もいるのではないだろうか?

 そんな事を感じたちょっとした出来事があったので情報をシェアしたいと思う。

 ここで紹介している便利機能を持つ筆箱は娘がECCジュニアさんからもらってきたおそらく非売品の筆箱。

 しかし同様の機能を持つものも多いと思う。

 物凄い多機能という訳ではないが、とにかくシンプルな使いやすさ!という面においては驚きの便利さを兼ね備えた筆箱であると感じた。

◆最近の筆箱は多くの機能を兼ね備えているものも多い

 小学生の娘の入学祝いにおばあちゃんが買ってくれた筆箱はメゾピアノの筆箱。

 メゾピアノと言えば洋服もかわいく、個人的にはピンク色を基調としたデザインの女の子の子供服が多い。そしてやや高い?なんてイメージがある。

 もっと高額なブランドもあるのだろうが、西松屋さんの服でもいいのあるんだけどな・・・・と感じてしまう貧乏性の自分にはそんなちょっとリッチなイメージがある。※西松屋さんは決算書が素晴らしく有能な上場企業さんで色々とお安い洋服が多いお店です。

 しかし一言に筆箱と言っても色んな種類の筆箱が存在することには正直驚いた。

 昔からキャラクターもののマグネットの両面閉じタイプの筆箱は多かったけれど、最近の筆箱は多くの機能を兼ね備えているものも多い。

 男の子はワンピースや戦隊物はもちろん女の子は自分でデコるシール付きの筆箱まで見かけた程だ。

◆時間割チェック中にECCジュニアの筆箱を発見!

 今年で娘は小学校2年生になった。ランドセルも机も一年生の時と当たり前だが同じもの。

 そんな日々の中、キッチンにいる妻から「明日の時間割チェックしてあげて〜」とお声がかかる。

 「OK!」といつもながらの会話をかわし、時間割を読みあげていると、どうも見たことがあるような無いような黄色い筆箱がカバンの中に入っている事に気づく。

 その筆箱とは、以前自分がECCジュニアさんからもらってきたシンプルな筆箱。

 最初は、「こんなのダサ〜い!」なんて言っていたのを覚えているが、どういう訳か、そのECCジュニアさんの筆箱が今ではお気に入りになっているようなのである。

 「これ超便利なんだよ〜♪」

◆見た目は普通の筆箱だが

 まずはごちゃごちゃと説明するよりもECCジュニアさんからもらってきた筆箱の写真を見てもらった方が早い。

ECCジュニアの便利な筆箱【初期状態】

 う〜ん普通である。

 尚、となりのハムスターはおしゃべりすると、おしゃべりで返してくれる下の娘の友だちであり筆箱とは関係ない。(ハムスターちゃんはトイザらスで売ってますよ^^)

 しかし、この筆箱がとても便利な機能を備えていることを娘の解説で知ることになる。

◆英語教室からもらった便利な筆箱の変身写真

 見た目は普通。サイズは小振り。デザインも黄色と青の2色だけ。キャラクターもかわいらしさも何もない。

 しかし小学生の娘は現在この筆箱を使用している。

 机の幅をとらない。鉛筆や定規が取り出しやすい。

 どれも単純な理由だが、本当に必要な機能という面では確かにコアな部分は満たしている。

 そんな筆箱が変身していく姿を写真にとらえてみた。

◆肝心の鉛筆や定規が取り出しづらいという欠点が

 ECCジュニアからもらった筆箱を片手に娘がレクチャーをはじめてくれた。

 便利とは言うものの、先ほどの写真で見ても解る通り普通に置いてあったら全くもって普通の筆箱でしかない。

 しかしチャックを開いていくと少しずつその便利機能が明らかになってくる。

 「ほらね筆箱が立つでしょ」

 「なんじゃこりゃ〜本当だ〜すごいや!」

 親ばかに見えるかもしれないがリアクションは大きめにすることを心がけている為、見逃して欲しい。

 娘は実際に筆箱を机に立たせて見せてくれた。こうして見ると筆箱がペン立てに変化している。

ECCジュニアの便利な筆箱【変身中】

 写真の通りチャックが開きすぎないように半分にはネット状の網が貼りつけられている為、口が開きすぎることもない。

 また底にあたる面は筆箱が立てられるように垂直の90度になっている。

 「こういう発想もありだなぁ…」

 ちょっと真面目にそんな事を思っていたが、確かに筆箱を立てて使うことは便利。しかし入り口が狭い分肝心の鉛筆や定規が取り出しづらいという欠点がある。

 発想は良いのだが実用性は若干疑問が残る所といった感じだろうか。

◆本当のペン立てのように大変身

 しかし娘は立てた筆箱を再度手にとり手でくねくねと筆箱をいじりはじめ

 「そしてね〜こうしたら便利でしょ?」

 と筆箱を変身させてみせてくれた。

 「なんと!」

 今回は大袈裟に驚いた訳でもなく本気でびっくり。

 ふむふむ、確かにこれなら便利。

 上半分が裏側にめくれるようになっており、本当のペン立てのように大変身を遂げたのである。

ECCジュニアの便利な筆箱【変身後】

 さすが子供の遊び心を掴んでいるECCジュニアさんといった感じだろうか?(この機能は昔からあったのかもしれないが)

 上手いこと考えるもんだなぁ…と感心しながら筆箱を見ていくと筆箱の下半分はとても固い作りになっていて、半分から下の部分がめくれるような事がない作りになっていることがわかる。

 その為、上から裏返しにめくろうとしてもちょうど半分の所で止まる形だ。

◆デザイン重視?便利さや機能性重視?

 我が家は子供たちがリビングで勉強をすることが多い。(あまりしないが^^”)その為、勉強中の姿は見かけやすい。

 娘は筆箱をたてて普通に勉強しているが、パッとだせてパッとしまえる小型の筆箱はやはり便利に見える。

 となりで息子が筆箱を開けては消しゴムを出し、鉛筆が折れては筆箱に付いている鉛筆削りで鉛筆を削っている。

 息子の筆箱も良くある筆箱のひとつだが多機能であり便利に見える。

 しかし、コンパクトで使いやすいとう点は、娘がキャラクターもの以上に優先した選択基準。

 特に深い意味なんてないんだろうが、ただただ「使いやすい」という利便性だけで、せっかくのメゾピアノの筆箱を使わなくなってしまっている。

 小学生の子供であってもデザインを重視する子もいれば便利さや機能性を重視する子もいる。

 そんなところだろうか?

【MENU一覧】