ばね指の治療法・手術の内容・手術の完治率

ばね指の治療法、手術の内容、手術の完治率などバネ指に関する情報を専門に初心者向きにわかりやすく解説。

◆ばね指とは?

 ばね指とは、何らかの原因で指の腱の「屈筋腱」に異常が生じる事によって発生する障害です。

 ここで言われる屈筋腱とは、指を曲げる動作に関与する腱のことをあらわします。

 逆に指を伸ばす際に関与する腱は「伸筋腱」と呼ばれます。

 人体には筋肉と骨の付着部位に様々な腱がありますが、腱の障害の代表が「腱鞘炎」で、ばね指もこの腱鞘炎の一つとして考えられております。

 尚、余談ですが伸筋腱の腱鞘炎障害は「ドゥケルバン腱鞘炎」と呼ばれる障害で、ばね指とは異なります。

 その為、ばね指の症状を確認する際は
●指を伸ばす時に異常があるのか?
●指を曲げる時に異常があるのか?
 についてまず自分で把握しておく必要があります。

 尚、症状が後者の場合は、ばね指の障害を疑うことになります。
※ばね指は医学的には「弾撥指」とも呼ばれる

◆ばね指の原因(腱鞘炎について)

 ばね指の原因は指を曲げる動作に関与する「屈筋腱の腱鞘炎」が主な原因です。

 尚、腱鞘炎とは、「腱鞘(腱をつつむさや)」の内部に炎症を発症する障害で、腱鞘内を腱がスムーズに動くことが出来なくなりことによって腱鞘内に炎症が生じるのが腱鞘炎の発症の原因です。

 腱鞘炎は指の腱に関わらず全身の腱において発症する可能性を秘めております。

 最も有名な腱鞘炎である「アキレス腱炎」なども腱鞘炎の障害のひとつです。

 ばね指を発症している場合、通常、指の屈筋腱にこの腱鞘炎を発症しております。

 腱鞘内に炎症が生じると、炎症による刺激によって…⇒続きを見る

◆ばね指の原因・発症パターン

 ばね指の発症する原因として最も考えられるのは「腱の使いすぎ」いわゆる腱そのものの疲労です。

 症状が発症しやすいのは、傾向として大半が「中高年の女性」に多く発症する特徴があります。

 体質的な要因も考えられていますが、
●閉経を迎えた更年期
●妊娠初期
●妊娠後
 などに初期症状を覚える方も多いのがばね指の特徴でもあります。

 また、関節リウマチ障害を持っている方が、合併症として指の関節障害を発症するケースも見られます。

 尚、これらの発症パターンについて医学的な発症原因は正式には解明されていないのが現状です。

◆ばね指の症状・経過

 ばね指の症状の特徴は、指の屈曲時に「引っかかり」を感じる症状が主な症状です。

 この引っかかる指を無理やり戻そうとすると、バネのように「ビ〜ン」と戻る症状が最大の特徴で、
●弾発指
●snapping finger
 とも呼ばれているのが、この独特の症状の由来でもあります。

 初期段階では日常生活に支障をきたすような事はほとんどありませんが、症状が進むと
●指の曲げ伸ばし動作のたびにおっくうになる
●寝起き時の指が伸びずらくなる
 などの症状に変化していきます。

 また、更に症状が進むと関節部の炎症から、腫れが見られるようになってきます。

◆ばね指の治療法

 バネ指の治療法は、基本的に保存療法が基本となります。

 保存療法とは、手術を用いない治療方法のことです。

 具体的な治療方法としては
●指の過度の使用を避ける
●副木による一時的固定
●非ステロイド系抗炎症剤の服用
●温熱療法
 などの治療を基本に現状の症状以上の悪化を防ぐのが主な目的です。

 尚、関節内の炎症が強く痛みが強い場合に限り一時的に「ステロイド腱鞘内注射」を検討…⇒続きを見る

◆ばね指の手術療法

 バネ指の治療の際、保存療法で効果が現れない場合は、基本的に手術療法を検討する事となります。

 バネ指の手術では基本的に腱鞘の切開を行う「切開手術」が手術の基本となります。

 手術時は局所麻酔を行い、中手指節間関節掌側 に約0.7〜1.2cmほどの皮膚切開を行い、腱鞘内の腫瘤を取り除きます。

 またこの際に、「屈筋腱の癒着」がある場合は、それらを全て剥がし、正常な状態に復元していきます。

 尚、ばね指の治療に関しては手術による治療法に大きな効果があるのも特徴です。

 保存療法によるばね指の完治率は「約30〜40%」程度と言われており、加齢に伴い完治する可能性、及び確立が低くなる傾向にあるのも事実です。

 手術を検討する際は、これらの点もふまえて検討することが重要といえます。

◆ばね指手術の保険適用について

 ばね指の手術はとても簡単な手術が大半です。

 近年では医療技術の進展に伴って、手術自体も15分程度で終了し日帰り手術も可能です。

 では、このような小規模の日帰り手術では保険は適用になるのでしょうか?

 通常、日帰りの治療や入院では保険が適用とならないものは多くあります。

 もちろん入院1日目から保険が適用となるものもありますが、そのような保険は毎月の掛け金が高額のものが大半です。

 尚、ばね指の手術は小規模ながらも、しっかりと手術として認められた処置です。

 日帰りは適用にならないケースでも手術であれば「生命保険・医療保険」などの適用…⇒続きを見る

◆乳幼児・子供のばね指の症状

 ばね指は成人女性に多く発症する傾向にありますが、稀に乳幼児や子供にも発症するケースが見られます。

 これらの子供のばね指は使いすぎなどの原因ではなく「先天的要因」が大きな発症原因として考えられております。

 尚、乳幼児や子供のばね指の発症の90%以上は「母指(親指)」に発症し、部位的には指の付け根が大半のケースを占めます。

 尚、乳幼児の場合は成人と異なり、指の軟骨組織が固まってしまうことによって関節が動かなくなるケースもあり、この症状から「剛直指」と呼ばれるケースも多く見られるのが特徴です。

 治療は基本的に、指を強制的に伸ばした状態を装具などで維持する治療を行います。

 尚、乳幼児や子供のバネ指の装具などによる保存療法の完治率は「約50%以上」と成人と比較しても完治率…⇒続きを見る


【MENU一覧】