ばね指の治療法・手術の内容・手術の完治率

ばね指の治療法、手術の内容、手術の完治率などバネ指に関する情報を専門に初心者向きにわかりやすく解説。

◆ばね指とは?

 ばね指とは、何らかの原因で指の腱の「屈筋腱」に異常が生じる事によって発生する障害です。

 ここで言われる屈筋腱とは、指を曲げる動作に関与する腱のことをあらわします。

 逆に指を伸ばす際に関与する腱は「伸筋腱」と呼ばれます。

 人体には筋肉と骨の付着部位に様々な腱がありますが、腱の障害の代表が「腱鞘炎」で、ばね指もこの腱鞘炎の一つとして考えられております。

 尚、余談ですが伸筋腱の腱鞘炎障害は「ドゥケルバン腱鞘炎」と呼ばれる障害で、ばね指とは異なります。

 その為、ばね指の症状を確認する際は
●指を伸ばす時に異常があるのか?
●指を曲げる時に異常があるのか?
 についてまず自分で把握しておく必要があります。

 尚、症状が後者の場合は、ばね指の障害を疑うことになります。
※ばね指は医学的には「弾撥指」とも呼ばれる

◆ばね指の原因(腱鞘炎について)

 ばね指の原因は指を曲げる動作に関与する「屈筋腱の腱鞘炎」が主な原因です。

 尚、腱鞘炎とは、「腱鞘(腱をつつむさや)」の内部に炎症を発症する障害で、腱鞘内を腱がスムーズに動くことが出来なくなりことによって腱鞘内に炎症が生じるのが腱鞘炎の発症の原因です。

 腱鞘炎は指の腱に関わらず全身の腱において発症する可能性を秘めております。

 最も有名な腱鞘炎である「アキレス腱炎」なども腱鞘炎の障害のひとつです。

 ばね指を発症している場合、通常、指の屈筋腱にこの腱鞘炎を発症しております。

 腱鞘内に炎症が生じると、炎症による刺激によって
●腱が厚くなる
●腱が硬くなる
 などの症状が生じ、結果的に腱そのものの動き事態も悪化していくのです。

◆ばね指の原因・発症パターン

 ばね指の発症する原因として最も考えられるのは「腱の使いすぎ」いわゆる腱そのものの疲労です。

 症状が発症しやすいのは、傾向として大半が「中高年の女性」に多く発症する特徴があります。

 体質的な要因も考えられていますが、
●閉経を迎えた更年期
●妊娠初期
●妊娠後
 などに初期症状を覚える方も多いのがばね指の特徴でもあります。

 また、関節リウマチ障害を持っている方が、合併症として指の関節障害を発症するケースも見られます。

 尚、これらの発症パターンについて医学的な発症原因は正式には解明されていないのが現状です。

<<HOME | 次のページ>>

【MENU一覧】