バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ドリブルしている選手がフロントコートの床に触れた後にバックコートに戻った場合バックコートバイオレーションは成立するのか?

 バスケットボールの試合中。オフェンスチームのポイントガードA選手がバックコートからボールを運んでおりディフェンスはオールコートマンツーの場面。
 ポイントガードAはペネトレイトでディフェンスを突破しドリブルでフロントコートに入りかけたがディフェンスがトラップを仕掛けている事に気づいた。
 しかしこの時ポイントガードAの片足は既にフロントコートに完全に入っており、もう片方の足はセンターラインを踏んでいる状態。
 ドリブルしているボールは既に「フロントコートの床」にドリブルしているが、ポイントガードAはトラップを避け一度バックコートに戻りフロントコートに再度到達した。
 尚、この時、相手チームのベンチから「バックコート!」のジェスチャーがなされている。
 この場面ポイントガードAのバックコートバイオレーションは成立するだろうか?

答え:成立しない

 この場面で確認すべきポイントは「フロントコートにボールを進めたかどうか?」という1点。

 バスケットボールの試合ではオフェンス側が8秒以内にバックコートからフロントコートへボールを進めることができなかった場合に8秒バイオレーションが宣告される。

 フロントコートへボールを進めたかどうかの判断は、オフェンスチームのプレイヤーがパスを受けてフロントコートに到達したのか?それともドリブルでフロントコートに到達したのか?によって異なる。

 今回の練習問題のケースでは、オフェンス側のポイントガードAがドリブルでフロントコートへ進入している点をまず見極めることが重要。

 ドリブルで侵入する場合に関するフロントコートへボールを運んだ定義については以下のように定められている。

◆ドリブルによるボール運びは両足とボールの3点セットで覚える

 ドリブルでフロントコートへボール運びを行なう際のフロントコートへボールを運んだとみなされる定義は、「ドリブラーの両足とボール」がフロントコートに触れた時と定められている。

 その為、今回のケースはまず片足が完全にフロントコートに触れているのでOK、ボールもフロントコートの床に触れているのでOK。しかしもう片方の足がセンターラインを踏んでいるため、この片足がフロントコートに完全に触れるまではフロントコートへボールを運んだとはみなされない事になる。

 フロントコートへ到達していないと判断される以上は、一度バックコートに戻って再度フロントコートに入ることはもちろんOKで当然バックコートバイオレーションも成立しない。

 但し、フロントコートへ到達していないということはバックコートへ戻っている間に8秒バイオレーションが宣告される可能性は十分にある。

 ドリブルしているプレイヤーのフロントコートへボールを運ぶ定義に関しては「両足とボールの3点セット」がフロントコートに触れる事が条件であるため、日頃からボール運びを行なっている選手やチーム監督はこの3点セットをしっかり覚えておこう。

<<HOME | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】