バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆停滞時のルーズボールシチュエーションで強引にシュートに持ち込んだ場合のファールで2ショットは認められるのか?

 バスケットボールのゲーム中、オフェンスチームの選手Aとディフェンスチームの選手Bが制限区域近くでルーズボールシチュエーションの体制に入った。
 この際、オフェンス側の選手Aはルーズボールを無理やりパワーでもぎ取ろうとしそのままシュートへ向かったが、ディフェンス側の選手Bの腕がまだ絡まったままの状態であった為、結果的にシュートを打つことはできなかった。
 このシュートモーションに入った段階で審判の笛がなり2ショットのコールがなされた。
 このケースではディフェンス側はパワーで振られてしまった事になるがこのケースでも2ショットが認められるのか?

答え:原則2ショットは認められない

 この場面で確認すべきポイントはルーズボール状態に入りかけていた事。

 そしてこの状態からどちらの責任で接触やその後のコンタクトが発生したのかを見極めることが重要。

 このケースではファールの3原則に照らし合わせると明らかに接触の事実はある。

 そしてショットに対する影響も認められる。

 但しこのショットに至る原因はオフェンス側の強引なプレーによって発生していることを見極める必要がある。

◆プレーの処理はどうすべきか?

 ルーズボールのケースではどちらもボールを保有しようとするため、多少強引なプレーが発生してもおかしくはない。

 審判の経験者であればこのようなルーズボールのシーンは何度も経験しているだろう。

 今回の事例のケースではどちらもボールにプレイしゴールにプレイしている正当なプレイの範囲としてとらえたならば、まだルーズボール状態から開放されていない段階で強引にショットに向かったAに非がある可能性もあるがオフェンスファールとして取り上げる状況との判断も難しい。

 また選手Bも既に専有を奪われている状態ではなかった為、Aの無理な行動に対する接触であれば当然ファールとはならない。

 最後にジャッジに対する結論だが総合的に判断するとここは2つのジャッジに収まるはずである。

@どちらも正当なプレーの中でおきたプレイでありノーコール(少なくともBに瑕疵がないと判断されるケースの場合)
Aルーズボールのジャッジ

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】