バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプボールのトスアップが曲がっていたらやり直ししても良いか?

 バスケットボールの試合開始のジャンプボールの場面。
 審判はボールをトスアップしたが、そのトスアップしたボールがやや斜め上方にあがってしまい、一方のチームに有利なタップとなってしまった。
 この場合、審判はもう一度トスアップからやり直すことができるのだろうか?

答え:出来る

 ジャンプボールのトスアップは以外に難しく、適切なトスアップが出来るようになるまでにはかなりの練習が必要。

 トスアップの基本は両チームのジャンパーの最高到達点以上の高さにボールをあげること。

 そしてボールをセンターラインの垂直線上にあげることが基本である。

◆トスアップの練習をしよう!

 トスアップの練習は、そのまま下手なげでボールをあげ落下したボールが常にセンターラインの上に落ちるように練習を積んでいけばよい。

 リリースでは軽くリストを返すのでレイアップシュートに近い感覚でもある。

 慣れるまでは試合開始前に最低でも2〜3回はトスアップの練習をしておくと良い。

 尚、トスアップされたボールがずれているかどうかの判断は原則としてオフィシャルズテーブル側の副審が判断する。

 副審が主審によってトスアップされたボールが適切でないと判断した場合はやり直しとなる。

※Point!トスアップのやり直しは副審が判断する

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】