バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆手足を大きく広げたディフェンス姿勢で相手が足に引っ掛かって転倒したらファール?

 バスケットボールの試合中。ディフェンスチームは2−3のハーフゾーンを敷いておりオフェンスは攻めあぐねている場面。
 ディフェンスチームのセンターFは大きく両手、両足を広げハイポストやや後方にしっかり構えている。
 ウィングからギャップを狙いドライブしたオフェンスAはセンターFの脇を抜けようとしたが大きく足を広げていたセンターFの足に引っ掛かり転倒。
 しかしこの接触の際、センターFは一切動いておらずポジションも変えていない。
 この場面、センターFのディフェンスファールが成立するのだろうか?

答え:成立する

 これは基本中の基本の例題。

 大きく手足を広げ過剰な範囲を正当なポジションのように主張してもシリンダーを越える部分で接触がおき相手に影響が出たのであればそれはディフェンス側のファールである。

 ここがわからない場合は、シリンダーの定義を再確認しておこう。

◆過剰なシリンダーは認めてはいけない

 2M級のバスケットボール選手が手足を広げるとかなりの範囲を支配できる。

 もし、過剰なシリンダーが認められるとなれば、大型選手を揃えてゾーンを隙間無く合わせるだけでペネトレイトできる空間がなくなってしまう。

 外角エリアのシュート決定率はやはり低くなるので、特に外角シュートが弱いチームと試合をする場合は、これだけでゲームを支配できる可能性もないとは言えない。

 まだシュートフォームも安定しておらず3Pもないミニバスでは更に大きな問題。

 ここは基本中の基本なのでシリンダーの原則をしっかりもう一度確認しておこう。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】