バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ポストプレー中にディフェンスを背中でぐいぐい押し込んでポストを確保した場合はファールとなるのか?

 バスケットボールの試合中、第1クォーターのポストの攻防の場面。
 センタープレイヤー同士で明らかなミスマッチが生じている状態でオフェンス側のチームに有利なミスマッチが生じている。
 大柄なオフェンス側のセンターBは、ミドルポストに入り制限区域内にポインティングを示した。
 センターBにマッチアップしているディフェンス側の小柄なセンターGはポインティングを示している制限区域のコースに位置取りし低い姿勢で押し込まれないようにポジションをキープしていたが、センターBは背中でディフェンスを押しのけながらパスをミート。
 小柄なセンターGは、耐え切れずにはじき飛ばされ、そのままイージーなショットを許してしまった。
 この場面でオフェンス側のセンターBの得点は認められるのか?

答え:認められない

 このようなシーンは多く見かける場面ではあるが、原則としてこのケースのような得点は認められないことを覚えておこう。

 このシーンは結論から言えば、オフェンス側のセンターBのオフェンスファール。

 先に「リーガルガーディングポジション」を示しているディフェンス側のセンターGを押しのけた時点で「オフェンスファール」が成立する。

 オフェンス側にシリンダーがあるように、ディフェンス側にもシリンダーが存在する点を忘れてはいけない。

 ポストプレイとしては、ロールして交わしながらパスミートをする、もしくはシール後バックを取るなどこの場面では違う選択肢も多くある点も覚えておくべきである。

◆ディフェンスのシリンダーを無視したバスケの風習が日本の大柄プレイヤーの成長を阻害している

 大柄な選手がお尻でぐいぐい押し込みながらポジションを確保し、イージーなゴール下のショットを決める。

 こんなプレイが認められているのは残念ながら日本だけである。

 このプレイが認められるのであれば、200cm近い力士がコートに入ればバスケ選手の大半は太刀打ち出来ないだろう。

 海外では大柄でかつ運動能力も高い選手がゴロゴロとしており、かつセンタープレイヤーがガード並みに走ったりする。

 パワーも負けているので押し込みもできない。スキルも及ばす、スピードもついていけない・・・・

 ボールを保持する前の段階におけるディフェンスのシリンダーを無視したバスケの風習が日本の大柄プレイヤーの成長を阻害しているひとつの要因ともなっていることをバスケットアスリートとしては覚えておきたい。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】