バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆既に動いているプレイヤーに対するスクリーンで接触が発生した場合の責任はどちら?

 バスケットボールのゲーム中、オフェンスチームがモーションオフェンスで組み立てている場面。
 オフェンスプレイヤーAにマッチアップしているのはディフェンスプレイヤーF。
 オフェンスプレイヤーAはトップオブザキーでボールを保持し1on1をしかけていたが、コーナーからウィングに上がってきたオフェンスプレイヤーBにパス。
 そのままAはバスケットカットをしかけリターンをもらう動作をした。
 もちろんディフェンスFはAの動きに合わせてベースライン方向へ走りこんだが、この際ハイポストにいたオフェンスプレイヤーCがスクリーンに入ってきて衝突。
 オフェンスCがスクリーンを完成させた時、ディフェンスFとの距離は約1歩の距離があいていたがFが気づいた時には既に交わすことができなかった。
 この場面の衝突の責任はオフェンスCとディフェンスFのどちらにあるのか?

答え:原則としてオフェンスCの責任

 バックスクリーンの定義では1歩以上の距離を確保することが条件と定められている。

 その為、この場面のスクリーンプレイはスクリーンの位置を示した段階で既に一歩の距離を確保していた為、オフェンスCのスクリーンはリーガルスクリーンであるように見えるかもしれない。

 しかし、この事例の場面ではバスケットカットにつられて動いているディフェンスプレイヤーへのスクリーンプレイである点がポイントとなる。

◆動いているプレイヤーへのスクリーンの距離は原則1歩〜2歩以上離れてセット

 文章で複数のプレイヤーが出てくると少し頭の中が混乱してくるかもしれないが、実際のバスケットボールのゲーム中であればおそらくもう少し判断しやすい。

 この場面では、動いているディフェンスFに対し、オフェンスCが動き出した後にスクリーンをセット。(「スクリーンに入ってきて」という部分を参照)

 動いているプレイヤーへのスクリーンに関しては、原則として1歩〜2歩の距離を確保することがバスケのルールの規定。

※Point!動いているプレイヤーへのスクリーンの距離は原則1歩〜2歩以上離れてセットすること

 但し、この距離の規定は場面によっても判断基準が異なり、そのゲームの審判が状況に応じて診断を下すしかない。

 審判が判定を下す際に考慮すべきポイントとしては、まず第一にディフェンスのスピード。

 そして、スクリーンをかわす事が可能であったかどうか?の2点が判定の重要ポイントとなる。

〜審判の判断基準〜
●ディフェンスのスピードは?動いている選手がどの程度のスピードであったか?
●スクリーンをかわす事、もしくは方向を転換することがが可能であったかどうか?
★どちらも問題ないのであればリーガルスクリーンである

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】