バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆影響のない接触後のプレーの延長でシュートが決まった場合の得点は認められる?

 バスケットボールのゲーム中、オフェンスチームの選手Aと選手Bはフロントコートのミドルレーン上、トップオブザキーの位置からピック&ロールをしかけた。
 ディフェンスチームの選手CはAにマッチアップ。DはBにそれぞれマッチアップしていたが、スクリーンにかかりやむ終えずスィッチで対応。
 この際、スィッチしたDがAのドライブを受けてリーガルガーディングポジション外で体が軽く接触してしまった。
 しかし、オフェンスAは体制を全く崩すことなくそのままウィングへドライブ、ロールを決めたBへアシストパスをしBはシュートを決めた。
 この場面、オフェンスBの得点は認められるのか?

答え:認められる

 この場面で考えるべきジャッジのポイントはピック&ロール後のスィッチの際に発生したコンタクトの影響があったかどうかがポイント。

 接触の事実はあり、ファールがあるとすればディフェンス側のファールであることは確実な場面。

 しかし、オフェンスAは体制を崩しておらず「ファールの影響が全くない場面」であることが重要。

◆影響のない接触はいちいち取り上げる必要がない

 接触の事実があり、その影響が見られるファールの場合は、後はどちらのファールかを見定めるかが重要となる。

 しかし動きの中で発生する軽微な接触やコンタクトの場合は、影響が見られない場合ファールを取り上げる必要もないのである。

 そもそもバスケットボールのゲームではディフェンスに体を当てながらドライブをする場面が多く、また正しく「リーガルガーディングポジション」を確保しているような状態でゲームが進行するケースなどほとんどない。

 この事例では審判が「影響がない」と判断しているはずなので得点はもちろん成立する。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】