バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ドリブル中に片足だけフロントコートに入れば8秒ルールは成立しない?

 バスケットボールのゲーム中。オフェンスチームのガードAは、バックコートからフロントコートへボールをドリブルで運んでいる。
 この際、激しいチェックを受けた為、フロントコートにたどり着くまでに時間がかかり8秒ルールぎりぎりでバックコートからドライブ。
 フロントコートに片足が着地した瞬間に8秒が経過した。
 このケースで8秒バイオレーションは成立するのだろうか?

答え:成立する

 バスケットボールのルールでは8秒バイオレーションの定義としてフロントコートへ8秒以内に進められなかった場合と定義している。

 ここで覚えておくべきポイントは、「フロントコートへ進められたとはどのような場面を指すのか?」である。

 この事例のケースでは、ガードAが接地した足が片足という点がポイントとなっている。

◆ドリブラーがフロントコートへボールを運んだと認められる条件

 フロントコートに既に入っている選手が空中でボールをキャッチしコートに片足で着地した場合はもちろんボールを進めたことになる。

 しかし、「ドリブル」でボールを運んでいる場合に限り、以下の条件が整わないと8秒ルールによるバイオレーションが成立する。

〜ドリブルでフロントコートへ進める場合の規定〜
★ドリブラーの「両足」がフロントコートに触れること
★かつドリブルしているボールもフロントコートに触れること

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】