バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆バックコートでパスカットされた場合8秒ルールのカウントはリセットされるのか?

 バスケットボールの試合中。Bチームはオールコートマンツーマンでプレッシャーをかけている場面。
 AチームのオフェンスプレイヤーCはマッチアップしているディフェンスDのプレッシャーでボールを運べず同じくバックコートにいる味方のBへパスを出した。
 しかし、ディフェンスDはこのボールをカットし、そのボールは8秒ルールの残り2秒でバックコートのサイドラインを割った。
 この際、ボールが出たサイドライン沿いからのスローインでゲームは再開されるが8秒ルールの時間はリセットされるのだろうか?

答え:8秒は継続してカウント

 これは8秒ルール、及び8秒バイオレーションの基本中の基本項目。

 フロントコートへ入る前にディフェンスがカットしカットしたボールがアウトオブバウンズとなった場合は、8秒ルールは継続してカウントされる。

 事例のケースでは、残り2秒でボールがコート外に出ているのでこのケースでは残り2秒からの再開となる。

◆ジャンプボールシチュエイションとなった場合

 スローインによる再開後のパスはそのままバックコートの選手に出してもよいしフロントコートの選手に出しても良い。

 尚、フロントコートの味方へ直接パスをした場合は、フロントコートの味方の選手がボールに触れた瞬間にタイムインとなり8秒ルールのカウントも消滅する。

 尚、バックコートでボールを運んでいる場面でディフェンスDがオフェンスCのボールをカット後、ルーズボール争いとなりジャンプボールシチュエイションとなった場合も同様に8秒カウントは継続してカウントされる点もチェックしておこう。

※Point!カットもジャンプボールシチュエイションもカウントは継続

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】