バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプストップをでミートした際にフロントコート・バックコートそれぞれに着地した場合は?

 バスケットボールの試合中、オフェンスプレイヤーAはバックコートからプレスを受けながらフロントコートへボールを運んでいる。
 この際、フロントコートからバックミートしてきたオフェンスプレイヤーBにパス。
 オフェンスプレイヤーBはジャンプストップしたが、片足がフロントコート、もう片方の足がバックコートに接地した状態で着地した。
 この場合、オフェンスチームのバックパスは成立するのか?

答え:成立しない

 これはジャンプストップで両足がフロントコート、バックコートにそれぞれあるケース。

 判断が一瞬迷いがちなケースでもあるがこの場合は、次のステップがポイントとなる。

◆ジャンプストップの場合は次のピボットで見極める

 このケースではフロントコートに入っている足をピボットフットとしてバックコートのフリーフットをピボットでフロントコートに入れた瞬間にフロントコートへのボール運びが成立する。

 逆にバックコートの足をピボットフットとし、フロントコートにある足をバックコートに戻してもバックコートバイオレーションは成立しない。

 審判をしていると「ドキッ!」とするがジャンプストップでラインを跨いでいる場合は次のピボットフットを見極めることが大切。

 尚、バックコートへ両足を戻した場合は、8秒バイオレーションが引き続き継続される。

※Point!ジャンプストップでラインを跨いでいる場合は次のピボットフットを見極め

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】