バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプストップをでミートした際にフロントコート・バックコートそれぞれに着地した場合は?

 バスケットボールの試合中、ディフェンスリバウンドを取った「白チーム」はファストブレイクをしかけた。
 リバウンドを取った白のB選手はサイドレーンのCにアウトレットパス。
 CはバスケットカットしノーマークのフリーとなったリードマンDへロングパス。
 しかし、Cがロングパスを出した直後パスをとめようとした「紺チーム」の選手がCの体に接触しCはその影響を受けて体勢を崩した。
 一方パスを受けたDはそのままノーマークのレイアップシュートに行ったが何とそのシュートを外し全力で戻った「紺チーム」の選手がリバウンドを保持した。
 そしてこの場面で「白チーム」の監督からファールの指摘が入った。
 この場面、Cへのファールも明らかであるがその後の処置はどのように行うべきか?

答え:そのまま流す

 これは自分が実際に遭遇した場面。

 この場面のポイントはファールをしてしまった紺チームの選手がボールにプレイしていたこと。

 そして明らかにファールを取り上げるとオフェンス側が不利になる立場にあること。

 白チームのCはまだパス以外にもドリブルで運ぶ権利もありサギングラインに達していない為、アンスポの対象となるかどうかの判断に至らないこと。

 など複数の条件がポイントとなる。

◆ベンチへの説明も時には必要

 流れの中でノーマークのレイアップはほぼシュートが決まるものとして捉えた場合、この場面で「ゲームを継続させるかどうか?」はその試合の審判が下すべきこと。

 この試合のジャッジも本当にベストなジャッジであったかどうかは正直わからない。

 と言うより完璧なジャッジができた!と思えた試合など今まで一度もない。

 但し、試合を流すと判断した以上は、このケースのように仮にシュートが外れた時に「ファールが先ほどありました」などと変更してはいけない。

 流した以上は流す!

 但し、ハーフやピリオド間に一度ジャッジを見送った経緯についてベンチに説明を行うような細かい配慮は必要だ。

 ちゃんと説明をするとしっかり理解してもらえるし、解っていながらもアピールしていたケースが多いものである。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】