バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプシュートのショット後に発生したファールの処置はどうなるのか?

 バスケットボールのゲーム中、オフェンスプレイヤーAはミドルレンジからジャンプシュートを放った。
 オフェンスプレイヤーAにマッチアップしていたディフェンスプレイヤーBはチェックに行ったが届かず、そのまま足がもつれてオフェンスプレイヤーAに接触。
 この接触の際、オフェンスプレイヤーAは既に手からボールが離れており片足がすでに着地している状態で接触を受けている。
 このケースでそのショットは見事決まったが、この場合はショット後のファールも認められカウント1ショットが与えられるのだろうか?

答え:与えられる

 バスケットボールのルールではショットの動作中にファウルを受けた場合はそのショットが決まればカウントとして認められ更に1ショットが与えられる。

 ショット動作の定義では「プレイヤーの手からボールが離れた瞬間にショット動作が終了する」と定められている。

 しかし、「空中にいるシューター」がショットをした場合。まさしく事例のようにジャンプシュートのショット動作に関しては、そのプレイヤーの「両足」が床に触れるまでショット動作が継続しているとみなされる点がポイントとなる。

◆ジャンプシュートは両足着地までショット動作となるため有利

 事例のケースでは空中でジャンプシュートを放っている為、両足接地前のファールを受けた場合は、シュートが入ればカウントでボーナス1スロー。

 シュートが外れた場合は、ミドルレンジからのショットなので2ショットのフリースローとなる。

 しかしこれがジャンピングショットのように地面に接地した状態でショットを放ち、その後飛び上がるようなシュートの場合はショット動作は手からボールが離れた瞬間に終了していることになるので注意。

 空中にいる選手がシュートを放つという条件をしっかり把握しておくことが大切だ。

 女子のバスケットボールの試合では3ポイントシュートなどの場面でジャンピングショットが多く見られる。

※Point!ジャンプシュートとジャンピングシュートは違う

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】