バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆審判にボールが当たり8秒以内にボールに触れられなかった場合のルールはどうなる?

 バスケットボールの試合中、ディフェンス側のチームBはオールコートプレスをしかけて8秒バイオレーションをとる寸前まで追い込んでいる。
 この際、プレスを受けたチームAの選手がフロントコートの選手へパスを出したが手元が狂いフロントコートにいるリード審判にボールが当たりボールはコートに転がった。
 その後ボールが転がっている間に8秒が経過し、その後オフェンスチームの選手がボールをフロントコートで保持したが、既に10秒近く経過していた。
 このケース、オフェンスチームはフロントコートにボールを運んだことになるのか?それとも8秒バイオレーションが成立するのか?

答え:フロントコートに運んだとして認められる

 バスケットボールの試合中では、稀に審判にボールが触れてしまうケースが実際にある。

 最も多いのはジャンプボールの直後だろう。

 尚、このケースでは、フロントコート上にいる審判にボールが触れた時点でオフェンスチームAはフロントコートへボールを運んだ事実が成立する。

◆審判はフロアと同様に扱われる

 バスケットボールのルールでは、審判にボールが接触した場合は「審判と接触したエリアの床」と同等に扱うことが定められている。

 その為、このケースではフロントコートの床にボールが触れた事(実際は審判に当たっていても)になる為、8秒バイオレーションのカウントはリセットされる。

 また、そのボールをオフェンス側が保持した場合は、もちろんそのままオフェンスを継続することもできる。

 言い方が何とも難しいが審判は「床」として扱われると覚えておくとわかりやすい。

※Point!審判は床と同様に扱われる

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】