バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ファウルを受けた為にショットが打てなかった場合のフリースローは認められるか?

 バスケットボールの試合中。オフェンスプレイヤーBがミドルショットを放ったがそのシュートは外れオフェンスプレイヤーAがリバウンド。
 リバウンドを保持したオフェンスプレイヤーAはリバウンド後、ポンプフェイクを入れてブロックに来たディフェンスAを交わしショットに行こうとした。
 しかし、ディフェンスプレイヤーAは勢いあまってオフェンスプレイヤーAにのりかかってしまい、その為ショットを打つことが出来ずにボールはコートにこぼれてしまった。
 この場合、オフェンスプレイヤーAのフリースローは認められるのか?またディフェンスプレイヤーAのディフェンスはアンスポーツマンライクファウルとならないのか?

答え:フリースローは認められる

 バスケットボールのルールの定義では、ショットの動作の定義について、「ボールが手から離れた瞬間に終わる」と定義されている。

 しかし、腕を掴まれた場合「ホールディング」や押された場合「プッシング」、そしてこの事例のようにのしかかられたような場合「これもプッシング」においては仮にシュートに行けなかった場合であってもショット動作中であればショット動作中のファールとして認められることになる。

 よってこのケースでは2ショットのフリースローが認められる。

◆アンスポの判別はそのゲーム審判しかわからない部分も多い

 この事例のケースではおそらくファールが成立するのはバスケットボール経験者であれば経験上わかりやすいと思う。

 ここで気になるポイントはおそらく「アンスポ」が成立となるかどうかではないだろうか?

 アンスポーツマンライクファウルの定義には「異常に激しい接触」である場合は、正当性のあるディフェンスであってもアンスポが成立するとされている。

※Point!異常に激しい接触が発生した場合はボールにプレイする正当性のあるディフェンスであっても原則としてアンスポが成立する

 相手に乗りかかるとは見た目的にも激しい異常な接触に見えなくもない。

 しかし、ボールにプレイしようとしている正当なディフェンス中に「フェイク」という「オフェンスの技術」によって接触が発生した事を考慮することも重要。

 従ってこのケースではアンスポを取り上げる必要はないと個人的には思う。がしかしアンスポが成立している場面も見たことがある。

 その試合では明らかにトラブルとなりそうな選手であったのが要因であったのかもしれないが、ここはそのゲームを取り扱っている審判のゲーム全体を見据えたジャッジがポイントとなると言える。

※Point!ファウルによってはボールが手から離れなくてもショットが成立する

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】