バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプボールシチュエイション(ルーズボール)状態で一方の選手がコート外に出てしまった場合のゲームの再開方法とは?

 バスケットボールの第2クォーター中盤、オフェンスプレイヤーAがボールをファンブル。
 ファンブルしたボールにオフェンスプレイヤーAとディフェンスプレイヤーAが同時にルーズボールに飛び込み両者がほぼ同時にボールを保持しジャンプボールシチュエイションとなった。
 しかし、その後ディフェンスプレイヤーAはルーズボールに飛び込んだ勢いが止まらずにボールを掴んだまま体がコートのサイドラインから少しだけ飛び出してしまった。
 尚、この場面ではまだ審判のジャンプボールシチュエーションの宣告がなされておらずディフェンスプレイヤーAの足はコート外の床に触れている状態。
 このようなケースで、ゲームの再開はどのように行うのだろうか?

答え:ジャンプボールシチュエイションで再開

 ルーズボールのジャンプボールシチュエイション、いわゆる審判のジェスチャーとしては両方の親指を立てた状態で両手を頭上に掲げるジャンプボールシチュエイション状態の時にどちらか一方の選手がコート外に飛び出してしまった場合は、ジャンプボールシチュエーションがその時点で成立する。

 これはオフェンスプレイヤーであってもディフェンスプレイヤーであっても同様である。

◆両者保持の状態でもつれたままコート外で出るケースは多い

 ボールを保持しているプレイヤーがコートの境界線に触れた場合はアウトオブバウンズが成立する。

 これは境界線(バスケットコート言えばサイドラインやエンドライン)はコートに含まれない為。

 その為、事例のケースではディフェンスプレイヤーAがボールを掴んだまま境界線に触れた時点でアウトオブバウンズのバイオレーションが成立するように思えるが、両者の保持が確定しているケースではジャンプボールシチュエーションが優先される。

 尚、この場合のゲームの再開はバスケットボールのルール通り、「オルタネイティング・ポゼション・ルール」に則りアローが示すチームのオフェンスからゲームが再開となる。

※Point!両者が保持しているジャンプボールシチュエーション状態でアウトオブバウンズに成った場合はジャンプボールシチュエイションが優先して成立する

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】