バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ピボットフットが床から完全に離れていてもトラベリングにならない2つのケース

 バスケットボールのゲーム中、オフェンスのフォワード選手Aは3ポイントライン沿いのウィングでボールを保持している。
 この際、左足がピボットフットと確定している状態でディフェンスからの激しいプレッシャーを受けた為、ピボットフットを床から離し、フリーフットに体重を乗せジャンプし、トップオブザキーのガードへフックパスをした。
 このフックパスをした瞬間、両足は床から完全に離れている。
 オフェンスのフォワード選手Aのこのピボットワークはトラベリングバイオレーションとなるかならないか?

答え:トラベリングは成立しない

 バスケットボールの試合中にこの状況を目の当たりにすると、おそらく思わずトラベリングバイオレーションを宣告してしまう審判も多いだろう。

 私自信もそうだった。

 ピボットフットと確定した足を床から完全に離した時点で思わず笛が鳴ってしまったのである。

 このようなケースでは、トラベリングルールの違反規則(プログレッシング・ウィズ・ザ・ボール)を正しく理解する必要がある。

◆ピボットフットはパスかシュートに繋がる場合床から離れても良い

 事例のようにピボットフットが確定している状態からトラベリングを見極める際。

 この状態ではトラベリングの規定で以下の2つの目的でプレイがなされた場合、ピボットフットが床から離れてもトラベリングとは成らない事が明確に定められている。

〜トラベリングの規定〜
★パスをする時
★ショットをする時

 確かにペイントエリアでは、このピボットフットを離しフリーフットに乗り換えて片足のフックシュートというシーンはそこそこ見かけるケースが多い。

 但しペリメーターやボール運びの段階でこのステップを見かけると一瞬戸惑う。

 しかし、特定のルール設定がなされていない場合、やはりプレイするエリアでルールが変わる。

 ようは笛(ジャッジ)が変わるということがあってはいけない。

※Point!ピボットフットはパスかシュートに繋がる場合床から離れても良い

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】