バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆第4クォーター残り2分を切った場面でのタイムアウト後のスローインのルール

 第4クォーター残り2分を切った場面。Aチームの監督はタイムアウトをオフィシャルに請求。
 その後Bシュートの得点が決まりAチームのタイムアウトが認められた。
 タイムアウトが終了後はもちろんAチームのスローインからの再開となるが、この際Aチームのスローインはエンドラインからスタートするのか?

答え:フロントコートのスローインサイドラインから

 バスケットボールの選手であれば誰もが知っているであろうルールであるが入門者向きなので再確認。

 第4クォーターの「残り2分間」にタイムアウトが認めらた場合、もしバックコートのスローインからゲームが再開されるようなシチュエーションの場合は全て「オフィシャルズテーブルと反対側のフロントコートのスローインサイドライン」からのスローインによる再開となる。

 この場合、タイマーが2分ゼロ秒の場合も含まれる。

 スローインサイドラインは3Pラインの半円の弧の頂点からサイドラインに向かって直線で進んだ位置に設置される。

 尚、以前はセンターラインの延長上からスローインで再開されていた。

◆タイムアウト後のスローインによる再開方法

 タイムアウト後のフロントコートのスローインサイドラインからのスローインによる再開の場面。

 この際、スローインは「フロントコート」に出すのは当然OKだが、「バックコート」に戻すのはOKだろうか?

 答えはNo!駄目である。

 普段からNBAを見ている方の場合は戸惑うかもしれないが、NBAではバックコートに戻してもバックコートバイオレーションとならないが、国際ルールではバックパスが適用となるので注意が必要である。

 バスケットボールの試合ではこの残り2分間のタイムアウトの使い方が非常に重要。

 特に接戦のゲームでは、この残り2分間の攻防が非常に面白い。

※Point!フロントコートのスローインサイドラインからスローイン

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】