バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆両チームがタイムアウトを請求した後にファールが発生した場合の優先順位とは?

 バスケットボールの試合中、Aチームのコーチがタイムアウトの請求をオフィシャルに請求。
 すぐにBチームのコーチもオフィシャルにタイムアウトの請求を行った。
 その後Aチームの選手がファールをしゲームクロックがストップしオフィシャルがタイムアウトのブザーを鳴らした。
 両チームがタイムアウトを請求している場面でファールによってゲームクロックが止まりタイムアウトが認められた場合はどちらのチームのタイムアウトが成立するのだろうか?

答え:Aチーム

 両チームがタイムアウトの請求をオフィシャルに行った場合は、「先に請求を行ったチーム」のタイムアウトが成立する。

 このケースの場合は、Aチームのコーチが先にオフィシャルに請求をしているのでAチームのタイムアウトが優先。

 どちらのチームの選手がファールをしたか?もしくはバイオレーションをおこしたか?はタイムアウトの優先順位には関与しない。

◆タイムアウトの優先順位の取り扱いは重要

 タイムアウトの請求権は1チーム1試合につき前半に2回、後半に3回が認められている。

 また延長の場合は各延長時限に付き1回ずつタイムアウトを請求できる。

 タイムアウトが請求できる回数は決まっているので、接戦になるほどこのタイムアウトの優先順位の取り扱いは重要になる。

 バスケットボールの試合では選手がオフィシャルを行うことも多いのでしっかり把握しておこう。

※Point!原則として先に請求したチームのタイムアウトが優先される

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】