バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプボールでタップしたボールをジャンパーが続けて保持しても良いか?

 ミニバスケットボールの試合中の試合開始のジャンプボールの場面。審判がトスアップしたボールをジャンパーのA選手がタップ。
 タップしたボールは自陣のバックコート方面に大きく飛び、床に転々とした。
 ジャンパーのA選手はタップ後すぐにボールを追い、他の選手が触れる前にそのボールを保持してオフェンスをはじめた。
 この時、ジャンパーのA選手がタップ後、他の選手は誰もボールに触れない状態で続けて同選手がボールを保持したことになるがこのケースのボールの保持は認められるか?

答え:認められる

 この事例は普通ではなかなか見られないが、ミニバスケットボールの特に低学年同士のB戦などの試合では時々発生してしまうシーン。

 ジャンパーがタップしたボールをそのままジャンパーが保持できる条件は、ジャンパー以外の選手がボールに触れた場合か、タップされたボールが一度床に落ちた場合のみである。

◆ジャンプボールのジャンパーの条件をしっかり把握

 この例のケースでは、ボールがコートに一度触れているのでタップしたジャンパーが続けてボールに触れても問題ない。

 珍しいケースではあるが、もしミニバスケットボールの審判を行う場合は、時々発生する可能性のある場面なのでジャンプボールのルールはしっかり把握しておくべき。

 思わずバイオレーションを宣告してしまうことになる。

※Point!ジャンパー以外の選手がボールに触れた後かボールが一度床に触れた場合はジャンパーが続けてボールを保持してもバイオレーションと成らない。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】