バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ジャンプボールの場面で審判がトスアップしたボールを最高点でタップしても良いか?

 NBAの試合開始のジャンプボールの場面。両チームの選手がセンターサークルにセット。
 審判がトスアップしたボールを一方のチームのジャンパーがボールが最高点に達した瞬間にボールをタップした。
 ジャンプボールの場面で トスアップのバスケットボールが降りてくる前にタップしてしまっても良いのだろうか?

答え:OK!

 ジャンプボールのルールでは、ジャンプボールでトスアップしたボールが最高点に達した時点でタップしても良いことになっている。

 降りてくるボールを待ってタップする必要はない。

 NBAの試合では、どの試合でもジャンプボールの場面でほぼ最高点でボールがタップされている。

◆ジャンプボールシチュエーションで上昇中のトスアップボールをタップをしてしまったら?

 ジャンプボールの場面で最高点に達したボールのタップはOKだが、まだ上昇中のボールをタップするのは反則。

 では、もしボールが上昇中に選手がタップしてしまった場合の扱いはどうなるのだろうか?

 この場合は、タップしたチームの「バイオレーション」が成立し相手チームのサイドラインからのスローインとなる。

 尚、スローインの場所はサイドラインのセンターライン延長上にあたるエリアからとなる。

※Point!上昇中のボールのタップはバイオレーション

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】