バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ドリブル中にサイドライン上に触れたボールはアウトオブバウンズとなるか?

 バスケットボールのゲーム中、第3クォーター序盤、Bチームは最初からオールコートプレスをしかけた。
 Aチームのボール運びをしていたガードCはダブルチームを受けサイドライン方向に追い込まれトラップにはまったが、サイドライン沿いを強引にドリブルで突破しトラップを破った。
 しかし、突破をする時にガードCがドリブルコントロールしていたバスケットボールがサイドラインの真上にバウンドした。
 このケース、ガードCのドリブルはバイオレーションとなるか?それともならないか?

答え:バイオレーションが成立(アウト・オブ・バウンズ)

 ドリブルでサイドラインを突破するケースでドリブル中にボールをサイドライン上についてしまうケースは良くあるケース。

 この例の場合はボールに最後に触れていたコート内のプレイヤーであるガードCの「アウト・オブ・バウンズ」が成立する。

◆サイドラインはバスケットコート外として扱う

 審判のジェスチャーとしてはラインクロスとも表現されるよくある現象のひとつ。

 このようにコートのラインに関するバイオレーションを覚えるには、やはりコートの定義、ラインの定義を正しく把握しておくことが重要。

 バスケットボールのコートはサイドライン・エンドラインを含めてコートの線の内側がコートとして認められている範囲である。

 サイドラインの幅は5cm。このライン上はコート外の扱いとなるため、ライン上につかれたボールはコート外にボールが出たことになりアウト・オブ・バウンズバイオレーションが成立する。

※Point!サイドライン・エンドラインはコートに含まれない

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】