バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆フリースローの際にディフェンスが邪魔をしてシュートが外れてしまったらどうなる?

 バスケットボールの試合中、オフェンス側のAチームの選手がファウルを受けながらもシュートを決めてカウント1ショットとなった。
 1ショットで所定の位置にセットし、審判からボールを渡されたシューターがリングに集中している時に、ディフェンス側のB選手がシューターの視界に入るように故意に手を上下に動かして集中を乱そうとした。
 その後、ショットがはずれディフェンスBはリバウンドを保持した。
 このようにフリースローの場面で、ディフェンスBが行った「故意」の邪魔は許されるのだろうか?

答え:ダメ(バイオレーション)

 フリースローの場面においてシューターの集中力を乱すような行為をディフェンス側の選手が行った場合は、「バイオレーション」となる。

 これはシュートを外すように故意に行っていると思われる行為全てに適用されるルール。

 事例のように、手を動かして視界に入るだけでなく大きな声を出したり、地面を叩く、足を強くついて足音を鳴らすなどの行為は全てダメ。

◆故意の邪魔によってシュートが外れた場合は打ち直し

 このように故意に集中力を乱す好意を行ったと審判が判断した場合はバイオレーションが宣告される。

 但し、フリースローのシュートがそのまま入った場合はそのシュートは当然認められて相手ボールとなる。

 もしシュートが外れた場合は、ワンモアショット、打ち直しをすることになる。

※Point!シュートが決まった場合はそのまま再開

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】