バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆リングに当たって跳ね返ってきたボールを空中でそのままねじ込んだ場合の得点は認められる?

 バスケットボールの試合中。24秒バイオレーションが宣告される寸前にオフェンス側が3ポイントシュートを放った。
 このシュートは大きな弧を描き空中で24秒が経過しブザーが鳴る。結局そのシュートは決まらなかったがオフェンスリバウンドに入っていた選手がリングに当たって跳ねたボールを空中でキャッチしそのままタップでショットを決めた。
 ボールはシュート後一度もコートに触れていない。
 この際、タップショットでねじ込んだシュートの得点は成立するだろうか?

答え:得点は成立する

 ショットされたボールが空中にある時に24秒バイオレーションとならないケースは、「そのシュートが決まった時とそのシュートがリングに当たった時」の原則としては2点のみ。

 この場合は、空中で24秒バイオレーションを示すブザーが鳴っているがリングに当たった時点で24秒は「リセット」となるのでゲームは継続される状態。

 その為、リングに当たったボールを直接タップでねじ込んだこの得点は当然認められる。

◆24秒バイオレーションの成立条件はシンプル

 タップシュートであってもリバウンド後一度着地してからのシュートであってもこれは同じ。

 同様にボールがコートに触れたかどうかに関しても24秒バイオレーションの条件には関係ない。

 最低でもリングに当てることができればバイオレーションにはならず、オフェンスリバウンドからオフェンスが再開できる可能性があることを覚えておこう。

※Point!リングに触れた瞬間に24秒計はリセットされる

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】