バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆24秒ブザーが鳴った後のタップショットによる得点は認められるのか?

 バスケットボールのゲーム中、Aチームのオフェンスの場面でAチームの選手が24秒バイオレーション寸前の23秒でロングシュートを放った。
 時間は空中で24秒が経過したが放たれたシュートの軌道は外れており、Aチームの選手がそのシュートボールを空中でタップしそのショットは見事ゴールを通過した。
 この際、タップショットで決まったシュートの得点は認められるだろうか?

答え:認められない

 24秒バイオレーションの定義では、24秒のタイマーブザーが鳴る前に「シューターの手からボールが離れている場合」、24秒以内にショットしたことが成立すると定められている。

 その為、仮に23秒で放たれたシュートがもしそのまま決まっていたのであれば空中で24秒が経過していてもそのシュートの得点は認められる。

 しかし、空中で24秒となったボールをショットした以外のオフェンスチームの選手が触れてショットを決めてもこのシュートは24秒後にシュートしたボールであるとみなされる為、得点は認められない。

 また仮に24秒が経過していても残り時間ぎりぎりでシュートしたボールがリングに触れた場合は24秒計はリセットされる。

 もしエアボールであれば、24秒は原則成立することになる。

※Point!24秒前にシューターの手からボールが離れていればOK!

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】