バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ドリブル中に6歩や7歩歩いてもトラベリングにならないケースとは?

 バスケットボールのゲーム中、ガードのAはバックコートでボールをドリブルしながら保持している。
 ディフェンス側はハーフコートで守っておりこの時ガードのAへのプレッシャーはかかっていない。
 この時ガードAはドリブルしているボールをやや前方の床に強くついて弾ませておき、ゆっくり歩きながら両方の手のひらの汗をユニフォームで拭いてからドリブルを継続した。
 この間ガードAは3歩以上歩いているがボールには触れていない。
 この場合、ガードAのドリブルはトラベリングやダブルドリブルのバイオレーションにはならないのだろうか?

答え:ならない

 このケースに似たような場面はバスケットボールの試合では良く見かけるもの。

 ボールを保持している選手が前方にボールを軽く投げてナンバーコールなどをしながらゆっくりと進むケースが良く見かけるケース。

 しかしドリブルをすでに継続中に一度ボールのコントロールをせずに放っておき何歩も歩いてドリブルを再開する今回のようなケースはあまり見かけない。

 しかし、このプレイは一度ドリブルを開始していたとしてもボールに触れていない場面で歩いているので何ら問題はない。

◆手にボールが触れていなければ何歩でも歩いても良い

 ドリブルの定義にはボールが手に触れていない状態である時は、何歩歩いてもどのようなステップをしても問題ないとしっかり定義されている。

 ドリブル中に手が汗で滑ると感じた場合は、ディフェンスと距離をとってユニフォームでしっかり拭いてから運ぶ。

 バックコートで8秒バイオレーションにゆとりがある場面ではこんな対応も可能なのである。

※Point!ドリブル中、手にボールが触れていない時のステップや歩数に制限はない

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】