バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ディフェンスが故意に倒れこんだ場合オフェンスチャージングが成立するのか?

 バスケットボールの試合中、パワーで強引にカットインするオフェンスプレイヤーAに対しディフェンスプレイヤーBはディフェンスプレイヤーAのヘルプでしっかりコースを先取りしてヘルプディフェンスをした。
 オフェンスプレイヤーAはそのまま強引にカットイン。この際ヘルプディフェンスに入っていたディフェンスプレイヤーBはオフェンスAと接触する瞬間に真後ろに綺麗に倒れこみオフェンスチャージングを奪った。
 このオフェンスチャージングの審判のジャッジは正しいと言えるのか?

答え:ジャッジの間違い

 このプレイは一昔前は当たり前に流行していたとも言えるオフェンスチャージングを狙うひとつの方法。

 「うわぁ〜」といかにもやられたように声を出しながら後ろに倒れこむシーンをあなたも見たことがあるだろう。

 本来このように完全にコースに入り込みディフェンス側が確保しているシリンダーに接触をしディフェンスに影響がでるような場面では文句無くオフェンスチャージングが成立する。

 しかしこのケースでは接触する瞬間、正しくは接触による影響を受けるはずもない状態で後ろに倒れこんでいることが問題。

◆故意の演技であればテクニカルファウル処置

 バスケットボールのルールでは「ファウルをされたように見せかける為に故意に床に倒れるなどの行為」を認めていない。

 またこのような審判に訴えかける為だけのプレイの本質からかけ離れているプレイに関してはテクニカルファウルが適用されることになっている。

 その為、この事例のようなシーンにおける審判の正しいジャッジはディフェンスプレイヤーBの「テクニカルファウル」が妥当となる。

 但し、「接触の有無があるかどうか?」「故意なのかどうか?」の判断が難しいレベルで早いゲーム展開の中で発生するプレイである為この問題のジャッジは難しい。

 審判のポイントとしては、テクニカルであったとしてもチャージングであったとしても吹いた以上は自信を持って黙々とファウルのレポート処理をすることである。

※Point!テクニカルファウルとの見極めが重要

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】