バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆両審判のジャッジが同じタイミングで宣告された場合の優先順位は?

 バスケットボールのゲーム第1クォーター、両チームのエースであるオフェンスプレイヤーAとディフェンスプレイヤーAの激しい1on1が始まった。
 オフェンス選手Aは強引にペネトレイトをしかけ、ディフェンスAは体を張ってコースを塞いでいる。
 チェンジオブペースをしかけたオフェンスAとディフェンスAが激しいコンタクトとなり、オフェンスAはステップを踏み外した。
 この瞬間、2人の審判の笛が同時に響いたが、共に違うジャッジを下した。
 審判Aはオフェンスのトラベリングを宣告。審判Bはディフェンスのファールを宣告したのだ。
 このように両審判のジャッジが同じタイミングで宣告され、ジャッジが異なる場合はどちらのジャッジが優先されるのか?

答え:ファウルを優先する

 長年バスケットボールを続けていると、このように両審判が違うジャッジを下すケースと出くわすことも経験するもの。

 このようにジャッジが異なる場合は、まず「どちらの事象が先に発生したのか?」を見極めることが重要。

 ディフェンスのコンタクトに問題がありオフェンスがバランスを崩してステップがずれたのであればコンタクトの問題が先に発生しているのでファールが優先される。

 また、ディフェンスAが素晴らしいディフェンスをしたため、オフェンスがコンタクトによってバランスを崩したのであればトラベリングが優先される。

 しかし、どちらの事象が先に発生したか見極めが付かないと審判が判断した場合は、バスケットボールのルール上、原則ファールが優先されることになっている。

※Point!バイオレーションとファウルが同時に発生した場合は原則ファウル処置を優先する

◆審判には必ず死角が存在すると心得よ

 この際、技量の優越でジャッジを下してはいけない。

 バスケットボールの試合では一方の審判からは必ず見えない死角が存在する。

 完全に素晴らしいディフェンスに見えても腰あたりでユニフォームを掴んでいたり、良いオフェンスに見えても実は足がずれてトラベリングが発生しているケースは良くあるもの。

 事象を見極めて笛が鳴っていることが何よりも重要だ。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】