バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ドリブルカットインからのボードを使ってのショットの得点は認められるか?

 バスケットボールの試合中、オフェンスプレイヤーAが放った3ポイントシュートの軌道が大きく外れ、バスケットボードの上に当たった。
 ボールは大きく跳ねてコートに戻りそのボールをオフェンスプレイヤーBがリバウンドしそのままシュートを決めた。
 この際、オフェンスBが放ったシュートの得点は認められるのか?

答え:認められる

 バスケットボールの試合中の審判の誤審の中でも意外と多い誤審のひとつにバスケットボードの扱いがある。

 バスケットボールのルールでは、バスケットボードの上、横、下に当たってもゲームはそのまま進行。バイオレーション扱いとはならない。

 但し、バスケットボードの裏側、ボードの裏面に当たった場合はバイオレーションと成る。

◆審判も選手もバスケットコートの定義を把握せよ

 このバスケットボードに関するジャッジのルールを覚えるには、バスケットコートの定義を把握することが大切。

 バスケットのルールでは、バスケットボードの表面及び側面、上面、下面までを「バスケットコート」として定義している。

バスケットボードの定義

 その為、ボードに当たったボールの扱いは体育館のコート内の床、フロアと同等の扱いとなるのである。

 審判をしている場合は、リード審判はシュートよりもゴール下近辺の接触プレーを確認しているのでロングシュート系のバイオレーションのジャッジはトレイル審判が宣告することが基本。

 同様のケースでもバスケットボードの上に当たったボールがコート外のギャラリー席の壁や体育館によってはギャラリーから飛び出している金具などに当たってからコートに戻ってきた場合は当然バイオレーション扱いとなる。

※Point!バスケットボードは裏面以外バスケットコートとして扱う

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】