バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆制限区域内の選手が片足だけエリア外のコートに接地し再度制限区域に侵入すると3秒バイオレーションとなるか?

 センターのオフェンスプレイヤーCがミドルポストからハイポストへフラッシュしポストアップ。Cの足は制限区域内に両足とも接地している状態。
 しかしオフェンスプレイヤーCはパスが入らなかったので一端制限区域から左足だけ出し地面に左足が接地した際に右足は宙に浮かせて3秒バイオレーションを切る行為を行った後、ローポストのオフェンスプレイヤーBのスクリーンに向かう為、再度、制限区域内に踏み込んでいったがこの時最初のポストアップ時から3秒が経過し審判から3秒バイオレーションの笛がなった。
 この場面で、オフェンスプレイヤーCの3秒バイオレーションは本当に成立するのだろうか?

答え:成立する

 バスケットボールの3秒バイオレーションはビッグマンのオフェンス明らかに有利となるゴール下近辺エリア(制限区域と呼ぶ)の不平等を解決する目的で制定された歴史を持つルール。

 この3秒バイオレーションの成立条件は以外と細かい。

 この例のケースでは、制限区域内に侵入してからカウントを切る為の条件を満たしていないので明らかに3秒バイオレーションが成立する。

◆制限区域のカウント消滅は両足接地が原則

 バスケットボールのゲーム進行中に制限区域に侵入したプレイヤーが3秒制限から開放される為には制限区域外のコート内部分に両足が接地することが条件。

 片足だけ制限区域外に出し、制限区域内の足を空中に上げたとしても「両足が接地」していない以上、再度踏み込んだ場合はカウントが継続されバイオレーションが成立する可能性が高まることになる。

 尚、審判は同様の状態でも制限区域から出ようと意識しているプレイヤーが転倒や接触などによって制限区域からうまく出ることができない場合にバイオレーションを宣告してはいけない。

※Point!3秒バイオレーションのカウントは制限区域外に両足接地することで終了する

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】