バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ボールをファンブルした後にドリブルをするとダブルドリブルになるのか?

 オフェンスプレイヤーAはオフェンスプレイヤーBからのパスをミートする瞬間にキャッチミスをしボールを床に落としてしまった。
 ルーズボールをすぐに拾い直しオフェンスを開始。
 この際、一度床にボールを落とした状態のオフェンスプレイヤーAがボールをドリブルするとダブルドリブルのバイオレーションとなるか?

答え:ダブルドリブルは成立しない

 ダブルドリブルバイオレーションを正しく理解するにはドリブルの定義から覚えていく必要がある。

 このケースの場合は、オフェンスプレイヤーAがボールをミートする瞬間に「キャッチミス」をし、一度ボールがルーズ状態となっていることから「ボールのコントロールが出来ない状態」であることがわかる。

◆バスケのドリブルの定義を覚えよう!

 この状態はボールのコントロールが出来ない状態、いわゆる「ファンブル」によってボールをこぼした状態であると捕らえるべき。

 ドリブルの定義では「ファンブルはドリブルとみなさない」という定義が明確に定められている。

※Point!ファンブルはドリブルではない

 バスケットボールの試合中には、このようにコントロール力を失ったファンブルなのか?それともコントロール中のドリブルミスなのかの判断が難しいケースも多い。

 審判をする場合のポイントは、明確に「これはファンブルだから問題なし」もしくは、「これはコントロール中のミスだからダブルドリブルバイオレーション」と選手に説明できる状態、認識の元でジャッジを下すことである。

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】