バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆制限区域から出る前にディフェンスプレイヤーと接触し3秒が経過してしまった時3秒バイオレーションとなるか?

 オフェンスプレイヤーAはハイポストの制限区域内でボールを保持しフォワードのウィングへアウトレットパス。その後ミドルポスト方面へ制限区域を通りながら抜け出そうとした。
 しかし、オフェンスプレイヤーBにマッチアップしているディフェンスBと衝突し転倒。
 結局、オフェンスプレイヤーAが制限区域から出る前に3秒が経過してしまった。
 この場合、オフェンスプレイヤーAの3秒バイオレーションは成立するだろうか?

答え:成立しない

 3秒バイオレーションは両足が制限区域の外に出てはじめてカウントが消滅する。

 しかし、制限区域内にいる選手が制限区域から出ようという意思を持っていることが確認できる場合は、実際に3秒を経過しても3秒バイオレーションは宣告されない。

 ポイントは選手に意思があるかどうか?である。

◆時間よりも意思を優先する

 極端に言えば意思があれば何秒たっても宣告されることはないということ。

 何でもかんでも3秒が成立してしまうのであれば、2秒近く経過した選手をディフェンスが取り囲むなんて見当違いの戦術も出来かねない。

 このケースでは制限区域から出ようと試みている状態で不慮の衝突によって転倒したという「事実」があるので、その後立ち上がり制限区域から出ることでカウントも消滅することになる。

 制限区域への侵入を主に管理するのはリード審判。

 リード審判は制限区域内に入ったオフェンスプレイヤーの行動と意思を読み取ることが重要となる。

※Point!制限区域から出る意思が確認できる場合は3秒以上経過してもバイオレーションは成立しない

<<前のページ | 次のページ>>

【以下の記事を読むと更にルールに詳しくなります】