競馬配当金の税金の解説

競馬の配当金には税金がかかるのか?競馬の配当金・高額配当金にかかる税金、馬券の課税方式について解説

◆競馬の配当金とは?購入馬券の割合に対して支払われる分配金

 競馬の配当金とは、該当レースの売り上げに対する購入馬券の割合に対して支払われる「分配金」の事を表します。

 この分配金は純粋に該当レースごとの売上、いわゆる購入馬券の総販売金額から各馬券の「控除率」に基づく金額を事前に差し引いた残りの金額が資金源となります。

 ですから競馬では、控除率に基づいて事前に差し引かれていた売上金の残り部分にあたる分配金を、馬券購入者間で取り合う争いをしているという事になります。

 競馬をしていると、馬の「血統」「適性距離」、過去の「戦績」など膨大なデータとの戦いとなりがちです。

 但し、現実的には購入者間の分配金の取り合い、駆け引きであることが競馬の実態であるとも言えます。

 様々な角度から予想が行えるのが競馬の醍醐味でもあるため「控除率」「税金」を意識して馬券を買うことは正直お勧めしません。

 しかしながら、競馬のシステム、仕組みを把握しておくことは無駄ではありません。

 ここでは一般的にあまり考慮される事の少ない競馬に関わる金銭の流れや仕組みについて確認していきます。

<<HOME | 次のページ>>

【MENU一覧】