競馬配当金の税金の解説

競馬の配当金には税金がかかるのか?競馬の配当金・高額配当金にかかる税金、馬券の課税方式について解説

◆配当金の分配計算方法(JRAの単勝・複勝)

 競馬の配当金は、まず収益から一定金額を差し引き、その残りの金額を分配金として分配します。

 単勝・複勝などの場合は「控除率が20%」と定められているため、収益全体の80%が分配金として購入者に分配されることになります。

 これは例えば、該当レースに1億の収益があった場合は、8000万円分が馬券購入者、投資家に分配されるという事です。

 ですから馬券購入者や投資家は、この8000万円の取り分を皆で争っているという事となります。

単勝・複勝の分配金【画像】

 競馬で中々勝てない、いわゆる通算で負け組みが多くなる原因は、シンプルにスタート時点からマイナスを背負っている点にあります。

◆確率論だけで見ると単勝・複勝が最も有利

 尚、これが馬連や枠連・ワイドや3連単となると更にスタート時点のマイナスは大きくなります。

 純粋に確率論だけで考えた場合は、馬連よりも単勝の方が利益を出しやすいという事になります。

 これはあくまで、あらゆるファクターを全て度外視しての話となります。

 しかし、統計学的な数値だけで考えればこのように考えることも出来るという事です。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】