筋トレ用語一覧

筋トレ用語を解説

◆ICE(アイス)

 ICE(アイス)とは冷却の意味です。

 スポーツの世界においては応急処置として冷却を行うことを主にアイスと言います。(アイシングともいう)

 アイシングに用いられるものには、「水・アイスパック・保冷材・アイススプレー」、そして最近では表面を特殊な素材で覆い、表面温度を5度前後に保つアイシング専用のスポーツ用品も販売されています。

◆怪我を発症した直後から処置を開始する事が大切

 怪我の応急処置の指標として掲げられている・ライス(RICE)処置の中ではアイシングは最も重要な処置の一つとして認識されております。

 アイシングのポイントは何よりもまず怪我の発症直後に処置を開始する点にあります。

 これはダメージを受けた細胞組織、腱組織を修復しようと血液が急速に集まるのを抑制させる目的があるためです。

 例えばねん挫などをすると患部が大きく腫れあがります。

 これは自然治癒力が働き患部を修復しようと血液が大量に集まっている証拠です。

 しかし、一部位に血液が集中すると細胞組織は酸欠状態を起こし周囲の傷がついていない細胞組織まで死滅してしまう事があります。

 こうなってしまうと怪我の完治までの期間が遅くなり、結果的に自然治癒力があだとなってしまうケースが出てくるという訳です。

 その為、アイシングのポイントは何よりもまず怪我を発症した直後から処置を開始する必要があるのです。

<<HOME | 次のページ>>

【MENU一覧】