筋トレ用語一覧

筋トレ用語を解説

◆共働筋(きょうどうきん)

 共働筋とは、屈曲・伸展動作の際に主に働く筋肉を補佐して同様の働きをもつ筋肉をさします。

 逆に、反作用をする筋肉を拮抗筋と呼びます。

 尚、運動時に主に働く筋肉の事を主働筋と呼びます。

 トレーニングの際は、この主働筋と共働筋の関係を考えて、トレーニングの順番を組むこともあります。

 例えば、ベンチプレスを例にすると、ベンチプレスでは主働筋は胸の筋肉で共働筋は上腕筋です。

 この場合、ベンチプレスで共働筋として働いた上腕の筋肉はあったまっているので、ベンチプレスの後に上腕のトレーニングを組むという具合です。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】