筋トレ用語一覧

筋トレ用語を解説

◆シンスプリント

 シンスプリントとはジャンプ動作の繰り返しやマラソンなどの長距離ランニングなどにより「ふくらはぎ」内側の脛骨下1/3部分にかけて炎症をおこし痛みが生じる障害です。

 シンスプリントは別名、「脛骨疲労性骨膜炎」と呼ばれ、オーバーユース系の障害のひとつでもあります。

 シンスプリントが最も発症する年代は10代で、特に16〜17歳ぐらいのアスリートに発症することが多く、中でも女性は男性の約1.5倍の発生頻度と呼ばれております。

 このシンスプリントは、運動をある程度こなせる点がくせもので、無理をした場合、そのまま疲労骨折に繋がるので注意が必要です。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】