差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆RTCとは?米国整理信託公社

【日本では整理回収機構】

 米国出身の不動産投資家の書籍を呼んでいると、頻繁にRTCという言葉が出てくる。

 このRTCとはいったい何だろうか?

 このRTC(Resolution Trust Corporation)とは、経営が悪化した貯蓄貸付組合を整理する為に設立された国家経営の「公的組織」のことをあらわしている。

 日本では米国整理信託公社とも呼ばれている機関である。

 RTCは、整理事業としてしっかりと不動産を管理できる人に、その不動産を管理させる為に売却を行い資産の整理を行なう。

 この際の売却価格は一般的に卸価格となっている。

 この米国整理信託公社は、公的立場から資産整理を積極的に行なった事により、大きな資産が管理能力のある不動産投資家へ流れこんだ歴史がある。

 ロバートキヨサキ風に言うと、「E・S⇒B・I」への流れとなる。

 特に1986年の税制改正法案以降、特にSである医者や公認会計士などが保有していた資産が大きくB・I側に流れた経緯がある。

 尚、日本では「整理回収機構」がこの組織にあたるもの。
 金持ち父さんで有名な著者、ロバートキヨサキ氏は、資産の大半をこのRTCによって購入している。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】