差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆競売現況調査報告書は信頼できる資料と言えるのか?

【競売3点セットとは?】

 競売の専門用語として競売3点セット呼ばれる資料があるのをご存知だろうか?

 この競売3点セットとは、以下の3つの資料のことを指している。

@現況調査報告書
A評価書
B物件明細書

 競売物件を検討する際はこの3点セットを必ずチェックすることになるのだが、これらの書類は実は信頼に値する書類とは呼べない欠点がある。

 中でも現況調査報告書に関しては実際に競売が執行される時期の物件情報と乖離している可能性もあるため注意が必要である。

 現況調査報告書は裁判所の執行官が実際に事件番号に基づく不動産物件の現地調査を行った記録が記載されている書類のことである。

 もちろん、しっかりとした調査がなされているはずであるが、問題は占有状況などを調査し現況調査報告書が作成されてから実際に競売が執行できる入札日までに4ヶ月以上のスパンが開くことにある。

 これだけ時間が開くと、物件調査日当時は占有などがなかったとしても、その後占有屋などが物件に立ち入っている可能性が十分あり正しい現況調査報告書とはとても言えたものではない。

 入札を検討している物件に関してはやはり最終的に自分で現地調査と物件調査を行うことが重要となってくる。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】