差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆国税庁の差押物件の入手取引は危険か?

【危険な取引の定義】

 不動産投資を行う際に気になるポイントのひとつである危険な取引。

 この危険な取引とはいったい何を指すのか?

 この危険な取引とは、「人」によって性質が異なるものである。

 簡潔に言えば、取引を行う自分の経験によって変化する。と述べるほうがわかりやすいかもしれない。

 例えばの話…人によって危険な取引が異なるという言葉を聞いてその意味がわからないとする。

 その場合は、全ての不動産取引が危険であるという事にもなりかねない。

 逆に、今の説明だけで「それは当たり前のこと」と理解できる思考、考え方をもっている方は少なくとも今後成長していくことができるだろう。

 そして新たな物件の取得も1〜2年以内に達成されるであろうと思う。

 ある人にとっては競売や差し押さえにより国家が提供する不動産物件は危険な取引である。

 これは癖が多く、かつ対応に時間がかかったり、専門知識を要する事が多い傾向にあるためだ。

 しかし、ある人にとっては、一般販売物件で、しかも表面利回りが10%を超える非常に簡単に見える取引を危険な取引と判断することもある。

 これらは、全て経験によって変化するもの。

 見る人によって危険度は異なる…ということにもなる。

 ここは不動産売買における最大のポイントと捉えても良いだろう。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】