差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆業界用語の「分かれ」と「両手」について

【仲介手数料の仕組み】

 業界用語に「分かれ」「両手」という言葉がある。

 分かれとは、地主からの仲介料は、地元の業者がもらう。

 その代わり、購入者からの仲介手数料をもらいなさい。

 と簡潔に述べるとこのような手数料の仕組みとなる。

 一般的な仲介業者が強く勧める不動産は地主からも顧客からも手数料をもらえる物件、いわゆる「両手」と呼ばれる不動産である。

 尚、既に地元の業者から一般市場に「分かれ」として出ている物件は「小売価格」となっている。

 自分たちが抱えている顧客内に購入者がいない。

 そこで初めてレインズなどのシステムに物件が登録される。

 分かれは同業他社に顧客をつけてもらうための最後の手段のように考えても良い。

 「卸売り」で購入するには、一般の市場の仲介業者に情報が流れる前、いわゆる「任意売却時」に情報をつかむ必要がある。

 極論を言えば複数の業者が取り扱う物件情報は、そのほとんどが小売なのだ。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】