差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆レバレッジを最大限に活用するために物件の担保価値を最大限に活用して不動産を購入

【レバレッジを最大限に活用】

 不動産投資で大きく成長していく人が行なう方法はレバレッヂを用いる手法である。

 しかし、このレバレッジの進み方が、プロの投資家と呼ばれる方たちは異なるスピードで進展していく。

 ここが大きなポイントとなっていることは間違いない。

 不動産投資から大きな収益を得ている投資家の多くは、レバレッジを最大限に活用するために物件の担保価値を最大限に活用して不動産を購入している。

 更に購入した不動産物件の資産価値を高める魔法を施し物件の収益率を高める。

 そして更に「収益率が向上した部分の担保価値」を含めて銀行に再評価してもらい不動産の価値が高まった事を認識させる。

 最後にこの上積みされた分を利用して新たな融資を受けるという流れを組んでいるのである。

 単純にまとめると、大きく成長する不動産投資家が行なっている作業はこの業務の繰り返しであると言える。

 尚、このレバレッジに関してはビジネスに関しても同様。

 通販市場最大手である楽天の決算書とポータルサイト最大手ヤフージャパンの決算書を見てみると、楽天がかなり大きなレバレッジを効かせていることが良くわかる。

 このレバレッジを有効に機能させたことがここまで短期間で楽天が成長した根底部分である。

 話は戻るが「不動産の価値を高める?」

 ここは一番わかりにくいポイントかもしれない。

 見えない部分が見えている。外見や物件写真、登記簿謄本などでは見えてこない本来の価値を見抜く経験や力、洞察力、そしてチームを保持していることが投資家の強みとなっている。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】