差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆法人名義vs個人名義どちらが良いのか?

【法人名義vs個人名義】

 不動産投資を行なう場合、個人の収入の中から貯金をしながら購入する方法と法人名義で不動産を購入する方法がある。

 どちらで行ったほうが良いのか?

 という点に関しては双方にメリット・デメリットが存在するため一概に答えはない。

 但し不動産の建物については法人で行った場合、減価償却資産としての取り扱いがしやすくなり経費計上出来る範囲が広がる部分も幾つか出てくる。

 その他にも個人では計上しにくい費用を法人である場合は経費化できるものが出てくるメリットもある。

 また法人で不動産を購入する場合は、融資を受ける金額の単位が個人よりも大きくなる可能性も持っている。

 しかし、法人で購入を検討する場合、不動産資産の購入は基本的に税引き後の利益や内部留保から支払う事になる。

 これらのお金を生み出す為に、必要な売り上げは、最低ラインでも1.6倍程度の売上が必要。

 法人税・法人事業税などの仕組みは、シンプルだがなかなか厳しい。

 しかし学習を重ね経験を積むと、この仕組みを打開する方法が存在することにも気づくことができるようになる。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】