差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆競売物件情報が公開されるまでの流れと手順

【競売は債権者によって競売の申立てが行われる必要がある】

 住宅ローンの滞納などによって不動産物件が差し押さえられ、物件の競売手続きが開始するケースにおける競売手続きの流れと手順についてもここで確認しておこう。

 差押公売物件の場合と異なり競売の執行手続が行われるケースではまずはじめに債権者によって競売の申立てが行われる必要がある。

 債権者は物件が登記されている管轄エリアの裁判所に競売の申立を行うことになるが、債権者は残債の回収に関して競売で回収するケースは最後の手段であるとも言える。

 その為、この競売の申請手続きを行われることによって競売の全ての手続が始まると捉えて良い。

 競売の申請後は裁判所が適正な申請であるかどうかを確認し競売開始の決定を行う。

 ここでようやく裁判所から法務局に対し差押登記の嘱託。

 登記簿に競売の登記がなされた時点で任意売却などを自由に行うことができなくなり裁判官は不動産の調査を開始することになる。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】