差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆戸建て住宅とアパート経営はいったいどちらが良いのか?

【戸建て住宅VSアパート】

 投資用不動産を検討する際、一般的にまず想像するのはアパート経営ではないだろうか?

 そして最初の不動産投資の場合は、2世帯〜4世帯の不動産投資。

 このようなイメージが先行している部分があるように思うがどうだろうか?

 やはり小規模物件から投資物件を検討していく流れは一般的な流れであると思う。

 不動産情報を探すと、意外にも多くの中古アパートが市場で販売されている事に気づく。

 また、価格帯のみで調べていくと戸建て住宅も相場よりも格安で売られているケースがポツポツあることに気づく。

 この場合、アパートではなく戸建てを購入して賃貸に出すという方法も考える方も多いだろう。

 このように格安に思える戸建て物件が存在することが見えてくると、戸建て住宅とアパート経営はいったいどちらが良いのか?

 と考えるようになる。

 実際には賃貸用戸建てばかりを購入し、それを修繕し一軒家を貸し出しをしている大家も多く存在する。

 しかしやはり実際はどちらがいいのか?

 これは自分も一時期悩んだ事があるが結局の答えは、ありきたり。

 どちらでもよい。ということになる。

 結局のところ空室率・入居率の項でも述べたとおり双方メリット・デメリットが存在するため、やはり戸建てやアパートという大きなカテゴリ比較をするのではなくその収益物件が生み出すキャッシュフローとキャッシュ・フローの管理で決まることになる。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】