小規模企業共済の解約手当金・返戻金の解説

小規模企業共済の節税効果・運用期間・解約手当金・解約条件・元本割れの可能性について解説。

◆途中で掛け金を払えなくなってしまった場合はどうなるのか?

 事業をしている以上、常に給料が安定しているとは限りません。

 所得が極端に下がった場合や、給料の支給が出来ず掛金を納めることが困難になる事は想定の範囲です。

 この場合は「掛け止め」という制度を利用することができます。

 掛け止めを行いたい場合は、中小企業基盤整備機構へ必ず掛け止めに関する申告手続きを行う必要があります。

 尚、申告をせずに契約者が掛金を12か月以上滞納した場合は、強制的な解約となります。

 この解約を「中小機構解約」と呼びます。

 もし、共済の掛金の支払いが困難になってしまった場合は、必ず申請を行うようにしましょう。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】