リベロの基礎知識【バレーボール】

バレボールアスリートのリベロの役割・ルール・技術を初心者向きに解説

◆リベロの歴史

 バレーボールの国際大会やオリンピックでは多くのリベロ選手が毎回のように活躍し注目を集めております。

 現在のバレボールではリベロは欠かせない存在であり、リベロプレイヤーを含めたフォーメーションや戦術が主流となっているのが現状です。

 このように、すっかり定着した感のあるリベロ制度ではありますが、バレーボールのリベロ制度が国際ルールとして国際連盟(FIVB)に正式に認定導入されたのは1998年の事ですから比較的新しいルール制度であることが解ります。

リベロ制度はいつから導入された?【画像】

 このリベロ制度は1996年のアトランタオリンピックの年に行われた「ワールドスーパーチャレンジ」とその翌年にあたる、1997年に行われた「ワールドグランドチャンピオンズカップ」で初めてリベロ制度が試験的に導入された経緯があります。

リベロ制度導入までの流れ【画像】

 当時は、リベロ独特のルール・プレイ制限などに戸惑う選手も多くいました。

 しかし、二つの大きな大会で試験的に導入し形がある程度見えてきた翌年には国際連盟ルールとして正式にバレーボールのルールに導入されました。

 尚、日本初の男子リベロプレイヤーは元NECブルーロケッツ(2009年に廃部)の選手であった大関元樹選手、女子初のリベロプレイヤーはユニチカ・フェニックス(現東レ・アローズ)の中村和美選手です。(共に1996年のワールドスーパーチャレンジ)

 また、国際ルール認定後の日本初リベロプレイヤーは同じく元NECの西村晃一選手です。

◆FIVB(バレーボール国際連盟)

 FIVBとは1947年4月20日に発足されたバレーボールの国際統一組織の略称です。

 詳しくはフランス語で「Federation Intemationale de Volleyball」となります。

 Federationとは「連盟」、Intemationaleは「国際」の意味で、Volley「バレー」のVとball「ボール」のBを含め4つの頭文字の略称として「FIVB」と呼ばれております。

<<HOME | 次のページ>>

【MENU一覧】