リベロの基礎知識【バレーボール】

バレボールアスリートのリベロの役割・ルール・技術を初心者向きに解説

◆リベロの技術

 リベロはレシーブの専門職とも言えます。

 その為、強力なリベロがいるチームは、それだけで守備力が強くなります。

 ですからリベロの技術的な面で最も大切なことは間違いなくレシーブです。

 レシーブ技術にはオーバーハンドレシーブ・アンダーハンドレシーブがあり、フライングレシーブ・ローリングレシーブなどの技術に発展していきます。

 また、レシーブによるボールのコントロール能力は最も重要視される技術でもあり、アンダーハンドで「2段トス」を正確に上げる必要性が求められる為、リベロ選手は各技術の正確性も求められる事になります。

◆サーブレシーブ(レセプション)

 バレーボールは必ずサーブからスタートします。そして、このサーブの1回目のレシーブを「レセプション」と言います。

 このレセプションのセッターへの返球率が安定しているチームは、サーブレシーブ後の多彩な攻撃を産み出すことに繋がるため、「レセプション返球率」が高く守備力が高いチームは多彩なフォーメーションを使用しやすいチームであると言えます。

 尚、この返球率はサービスを打ち込むエリアによっても統計的に返球率が大きく異なる特徴を持ち、また各チームによっても返球率の高いエリア、低いエリアといったチームの傾向が見られる点も一つの特徴です。

 その為、事前に相手チームのセッターへのレセプション返球率のデータの収集を行い、ゲーム前にサーブポイントを確認する事が戦略上大切なポイントとなります。

◆スパイクレシーブ(ディグ)

 リベロはやや地味な職人的なポジションに見られがちではありますが、リベロ選手の花と言えばやはりスパイクレシーブです。

 相手チームのエースが打ち込む強力なスパイクを瞬時に反応してレシーブし、かつセッターにピタッと返球されるシーンを見ると、とても人間技とは思えないような感じがします。

 前述したようにサーブレシーブはレセプションと呼ばれるのに対して、このようなスパイクレシーブの事を「ディグ」と呼びます。

 ディグの効果的な練習方法として代表的な練習を一つ挙げるとすると、台に乗ってネット上から打ち込んでもらったボールをひたすら拾い続ける有名な練習方法があります。

 より実践に近い高さから打ち込まれる為、するどい感覚が養われる練習です。

 バレーボールのスパイクは、全日本男子の場合320cm〜350cm程度の高さからスパイクが放たれます。

 バスケットボールのリングの高さが305cmである事を考えると、レシーブする側としては低い姿勢を保ちながらディグをする為、上方へ向きながらのレシーブは慣れるまでは恐怖感も強くなります。

 リベロプレイヤーは瞬時にコースを予測し男子であれば「130km〜140km」を超える速度に達することもあるスパイクを拾い、しかもそのレシーブをセッターにコントロールしているケースも良く見かける事からディグはリベロ選手の花形プレーと言っても過言ではないでしょう。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】